ヘレナ ルビンスタイン

ポーランドのクラクフで8人姉妹の長女として誕生したヘレナ ルビンスタイン。娘たちの繊細な肌を厳しい寒さから守るため、ヘレナの母親は友人の化学者が手がけたクリームで、娘たちの肌のお手入れをしました。 1892年、24歳のヘレナが単身で新天地オーストラリアへと旅立つとき、母親はそのクリームの小瓶を12個、彼女のスーツケースに詰め込みました。オー ストラリアで暑さと強い陽射しが女性たちの肌を痛めつけていることを知ったヘレナは、このクリームの販売を思いつきます。

現地の女性たちはヘレナの肌の美しさに興味を示し、クリームは大ヒット。1902年メルボルンに最初の美容サロンを開設し、伝説のクリーム「ヴァレーズ」が誕生し、オーストラリア中の美意識の高い女性から圧倒的な人気を集めて成功を収めました。

2012年、<ヘレナ ルビンスタイン>は、ブランド創立110周年を迎えました。1世紀を超えて、美しさの追求と科学への情熱を一歩も譲ることなく、常に密接に結びつけ てきたのです。“パイオニア”の名を欲しいままにした創始者・ヘレナ ルビンスタインの哲学は、明確なビジョン、革新性、科学に基づいた研究を通して、いまもなおブランドの卓越性と進歩を支えています。創業当初から成功を収めたのは、この“美の開拓者”であり世界中の女性に美を届けたいと願うヘレナ ルビンスタインが、あふれる情熱、大胆さ、先進のサイエンスを常に持ち合わせていたからに他なりません。