ジバンシイ

1952年、ユベール・ド・ジバンシィがパリにオートクチュールメゾンを開いて以来、一貫しているコンセプト、それは「エレガンス」の一言に凝縮されま す。一人ひとりの女性が、自分らしさや自分がどうありたいかを選び取ることで表現されるジバンシイの「美」は、ファッション界に旋風を起こし、グレース王 妃やジャクリーヌ・ケネディをも惹きつけました。ユベールの理想の女性像を体現し、想像力を刺激する魅力を兼ね備えたミューズが、オードリー・ヘップバー ンでした。ジバンシィのスタイルは、貴族出身のユベールが持つ精神と、フレンチ・シックにオードリーの可憐な奔放さを掛け合わせて築かれたのです。

「オートクチュールは美容外科医のように女性の欠点を消し、シルエットを洗練させるが、女性がドレスを着たとき、いかにも作られたように見えてはならな い。人の手が触れたように見えてはならない」という言葉に、ジバンシイの目指すクチュールの精神が象徴されています。最高の美しさを実現するためにあつら えるオートクチュール――。<ジバンシイ>はフレグランスやスキンケア、メイクアップにも、“自分だけのために仕立てられたドレス”を身につ けた時のような、特別な満足感をもたらすクチュール精神を貫いています。