ディオール

エレガントな装いを生涯追求し続けたクリスチャン・ディオール。女性のエレガンスを完璧に仕上げるために生まれたのが、<ディオール>フレグランスやメイクアップ スタイルです。ディオール ハウスは彼のスピリットと情熱を今もなお継承し、フレグランス、カラー、テクスチャーの開発に創造力を注いでいます。最初に「MISS DIOR」を発表した1947年、パルファン・クリスチャン・ディオールの歴史は、クチュール メゾンとともにはじまりました。フレグランスはドレスを完璧に仕上げる最後のエッセンスとして、ドレスと同等にクオリティの高いイメージとクリエイティビティを与えてくれると確信していたのです。

同じく1947年、女性のくちびるはレッドで彩られ、この後、メイクアップ コレクション“ルック”をシーズンごとに発表。 1954年に誕生したタイムレスなカラーのリップスティックは、洗練されたエレガンスの象徴として今もなお人気を博しています。また、軽いつけ心地や独自 の保湿効果、上質なテクスチャーのスキンケアは、40年前から「クリスチャン・ディオール リサーチ ラボラトリー」で200名の研究者が研究を重ね、ディオール イノベーション センターにおいて革新的なテクノロジーを生み出しています。