クリニーク

<クリニーク>は皮膚科学の理論をヒントに開発されました。1967年、「アメリカン・ヴォーグ」に掲載された皮膚科医オラントラック博士と編集者キャロル フィリップスの対談記事が、<クリニーク>の出発点です。化粧品がイメージで語られていた当時、医学的見地から化粧品を語った博士の理論は実に画期的で、大反響を呼びました。自分に合ったスキンケアを探し求めていた女性たちのラブコールに応え、「誰もが、もっと美しい肌を手に入れることができる」という信念のもと、1968年に皮膚科医の理論に着目したコスメブランド<クリニーク>が誕生しました。

<クリニーク>のシンプルなスキンケアは、ソープで「洗う」、ローションで「ふき取る」、乳液で「潤す」の3ステップ。これらが1つの大きな力となって、新しい肌が早く表面に現れるように手助けします。毎日続けるうちに、すこやかな肌に生まれ変わる<クリニーク>のスキンケアは、一人ひとりの肌にベストな製品のカスタムフィットを提案しています。