クラランス

全ては1954年3月15日、パリで始まりました。「美は幸福へのパスポート」という画期的な信念のもと、ジャック クルタン-クラランスが最初のクラランスとなるエステティック サロン、アンスティテュ クラランスをオープンしました。当時、セレブリティが雑誌の表紙で自慢のボディを露出し始める時代の幕開けでした。女性のボディをさらに美しく魅せるため に情熱を注いでいたジャック クルタン-クラランスは、まさに重要な役目を担うことになりました。肌をケアすること(=スキンケア)が大切であると認識されていたフランスにおいて、ク ラランスの評判は瞬く間に広まり、世界各国で製品が使われるようになったのです。そのほとんどのクラランス製品の開発と製造はフランス国内で行っていま す。女性の声に耳を傾け、ニーズを理解し、厳選された植物成分を配合した肌に向き合った製品を開発することが、クラランスのフィロソフィです。